Message from employees社員からのメッセージ

PR事業部 PR・営業 2019年入社/Arakawa Megumi 荒川めぐみ

オリジナルブランド「ガカモレ」のPR事業に携わり、水着をコミュニケーションツールと捉えてPRをしています。媒体にアプローチしたりすることが主ですが、企業との情報交換含め社外関係なく人とコミュニケーションすることが常です。
もともとアパレルのPR業界は長いのですが、ガカモレでは、PRという枠を超えてブランド全体を考えていけることにやりがいを感じています。掲載物の反響が大きかった時やセールスに繋がった時は喜びを感じますが、単に物を売る手法だけではなく、人にワクワクしてもらうことやその気持ちを共有し誰かを笑顔にすることができることに魅力を感じています。
今は生活スタイルもオンラインがメインになってきているので、今後はガカモレのスポーツアクティブウェアの強化や、ITやVRを使って自宅で楽しめるツールも考案中です。基本的に日々の業務には終わりがないので、KPIを達成するためにも常に新しいアイディアを考え次々と試していくことが大切です。そのためにも興味の幅を広くもてる方にはやりがいを感じる会社だと思いますね。


I am involved in the PR business for the brand "Guacamole." My main job is to approach the media using swimwear and exchange information with affiliates. I feel rewarded while working with the brand when the publication's response is significant or when it leads to sales; however, the team allows me to go beyond the PR business and be part of the brand.

Basically, there is no end to our day-to-day work, so it is essential to continually develop new ideas and try one after another to achieve the KPI. The brand needs to make our customers excited instead of just selling numbers. For example, everything is digital nowadays, so we plan to expand our creative tool using IT and VR to promote our activewear. I think Guacamole makes me have a wide range of interests and feels worth working for them.

企画営業部・PB事業部 2020年入社/Fujikawa Satomi 藤川聡美

前職でデザインをやっていた時からの縁や、好きなブランドに携われることができると思い入社しました。
日々の業務は、絵型やイメージを基に仕様書を起こしパタンナーへ依頼したり、生地付属の手配や商談に足を運んだりします。お客様が迷っていたり不安なことを解消するためにイメージに沿った生地や細部を提案し、求めていることを理解して一緒に作っていくことのできるコミュニケーション能力が大切です。自分の提案によって出来上がった商品を目にしたとき、大きな達成感を味わえることがモチベーションに繋がっています。仕事は多岐に渡るので、どれだけスピード感を持って効率よくやるかが課題ですが、イメージがきちんと伝わるように縫製、パタンナーと連携しお互いフォローして仕事を進めるようにしています。
ガカモレはオープンな会社ですし、だからこそいろんなことに興味を持ってチャレンジができる会社です。自分の仕事はここまでと決めつけず広い視野を持って活躍をしてほしいと思います。


I joined the company because I had a good relationship with them through my previous job. Of course, my main reason was to work for my favorite brand.
I make the specification for the pattern makers based on the images and flats given. It is my daily work to design and order fabrics and trims.

My job needs to be able to communicate with the team to improve our product based on the customers' requests. I feel accomplished when I see the products I designed and motive me to develop more.
"Guacamole" is an open-minded company that lets me challenge in various situations. I want you to play an active role with a broad perspective that defines your work here.

制作部 ソーイングチーム 2017年入社/Matsumoto Eiko 松本瑛子

10年間保育士を勤めた後、2017年にガカモレジャパンに入社しました。現在は縫製部でサンプル作りをメインに働いています。
以前から市の観光チラシを作ったり、個人的にも絵を描いたり、立体物など依頼されて製作することがありました。保育士も物づくりする機会は多く、ガカモレと出合った時も、そういった経験を裁縫に活かせるのではと思いました。何より人と同じ物ではなく個性を大切にしたいと感じる方だったので、ガカモレの独創的なデザインを見て面白そうだなと感じたことが応募のきっかけです。
縫製部は、お客様からのオーダーをパタンナーが立体化し、その通りに縫製していくのが仕事です。何度やっても毎回初めてのパターンに出合うのですが、そこが奥深く面白いと感じる部分です。今は技術を覚えるのに集中し早く一人前になことが目標です。縫製の仕事は、ただ縫うということではなく、作品を造っているという思いを込めています。作ったからには世に出て、人の目に触れて完成する、その一連が物づくりであるということを大切にしています。


After working as a nursery teacher for 10 years, I joined Guacamole in 2017. Currently, I am mainly making samples. I used to design tourist leaflets, and personally paints, I had an opportunity to create even at the nursery, so I thought I could use my experiences for sewing. I cherish originality instead of being the same as everyone else.
That is why I applied for this position at Guacamole.  Because the design is so original. 

In our division, we sew precisely as the pattern we receive from the pattern makers. No matter how many times I do it, it's the first time I come across each design, and that's where it feels profound and exciting. Right now, I'm focusing on learning techniques and aiming to become a full-fledged person quickly. Our job does not mean that we are just sewing, but are producing the actual products.

制作部 パターンチーム 2018年入社/Suzuki Miwa 鈴木美和

専門学校を卒業後、9年間布帛の会社でパタンナーをしていました。結婚出産を機に製作の仕事から離れましたが、12年振りにパタンナー職に復帰しました。
小さい時から洋服を作ることが夢で、デザイナーではなく立体に起こす仕事をしたいというのが明確にありました。もともと大叔母がオートクチュールのお店をしていた影響もあったかもしれません。今はパタンナー職に再度就くことができ幸せです。日々作った物が形になったときにももちろん喜びを感じますが、企画から全て社内でできる会社なので、レスポンスの早さにもやり易さを感じています。繁忙期もありますし修正ももちろんありますが、縫製、デザイン、両方を加味して日々経験を積んでいくことが大切だと感じています。
業界的にも水着のパターンを経験した方は少ないと思いますが、新しい発見が多くあり前向きに捉えられることができれば日々勉強できる環境です。少数精鋭なので水着だけではなく、オールマイティに携わり経験を積むことができますよ。


After graduating from school, I worked as a pattern maker for 9 years. I had to take maternity leave but came back to work after 12 years.  It was my dream to make clothes as a pattern maker rather than a designer, which might have influenced the fact that my Great Aunt owned a couture shop. I am very blessed to be back in this position. I can easily communicate with the different division since we do our production in house. Yes, there is a time when we are busy, and there are many revising with samples, but I feel that my job must gain experience by understanding both sewing and designing. 

I think few people in the industry have experienced swimsuit patterns, but here, it is an environment where you can find new discoveries.